<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0136962_23101239.jpg

(セルリアン能楽堂HPより拝借)

 2011/08/24/26/28
 <催物名>
 セルリアンタワー能楽堂 開場十周年記念
 特別企画公演「月下氷身~世阿弥<融>のヴァリエーション」

 28日の公演に行ってきた。
 初能楽堂です。
 能には以前から興味があったけどきっかけが無かったので行けてなかった。
 勅使川原三郎が能舞台に舞うということで今回初となりました。

 なのに、家でダラダラしてたら遅刻してしまった。10分くらいかな?始まったばかり。
 正面席の5列目、後から2列目。壁沿いに行けば良いと受付で言われたので、席図を見て中は暗いだろうから他のお客さんの邪魔にはならないなぁと思いきや、すごく明るいこと。しかも壁沿いは座敷席で思いっきり目の前を通らなくてはいけないし、つくづく遅刻するものではないと反省しました。

 演目ですが、袴能「融」酌之舞。内容はパンフで理解しましたが、実際何を言っているのかよく聞き取れません。耳が慣れていないのでしょうか?昔の言葉もよくわからないし。でもテレビで見るよりはるかに良かった。やっぱりライブが一番。歌も楽器も臨場感も体にガンガン響いてくる。音の大きさでは無くてね。日本のものだね。同胞って感じるよ。初の能だけど何だか前からよく知っているってカンジがする。能に通いたくなってきた。この雰囲気はかなりいい。

 地歌「融」による新作ダンス「水銀の月」。こちらが勅使川原三郎。能に続いて第2部って構成です。付加的な照明効果は脇正面席側からの強弱のみ。音響は地歌(歌・三弦)富田清邦、地歌(筝)二宮貴久輔の2種2名。
 いつものノリで三弦と筝に合わせて始まりましたが最初は不思議な感じで見ておりました。洋風テイストで10年近く見てきたせいかメチャクチャ違和感を感じた。松の前に勅使川原三郎。三弦と筝のテンポがはやくなると阿波踊りっぽくなってしまうのはやはり日本人だからかなぁなんて思ったり。でもブレない舞でうまくまとめたのはさすがです。
 目的は勅使川原三郎だけど、正直なところ「水銀の月」で一番心を揺さぶられたのは三弦の富田清邦氏の地歌。歌が始まったとたん一気にひきつけられた。初めて聞く声の響き。心地よく雰囲気があり心の奥底にいきなり飛び込んできてなお嫌ではない。その響きに心を許してしまう。幻術にでも掛けられたかのようなリアリティのある感情を沸きあがらせる。穏やかで温かい余韻が今も続いている。
[PR]
by sugi_si | 2011-08-28 23:30 | ART
e0136962_2031392.jpg

e0136962_2031537.jpg

e0136962_20323277.jpg

e0136962_2032414.jpg

e0136962_20325035.jpg

e0136962_2033088.jpg

e0136962_2033842.jpg

e0136962_20331757.jpg

下の画像は灯篭流し
e0136962_20333046.jpg

[PR]
by sugi_si | 2011-08-16 20:35 | 歩らり
e0136962_1961422.jpg

皆より一日遅れの休暇入り。

リセットはやっぱりココで。
[PR]
by sugi_si | 2011-08-12 19:06 | 雑記
昨年暮れから悩まされてきた膝の痛みも無くなり本格的に山歩きができると意気込んでいたけど、今度はガングリオンと思われる腫瘍が右足の裏にできてしまい普段の生活もクッションを足の裏にあてがわないと歩けない状態にあります。まだ医者には行っていませんが中学生の時にできた左足裏と同じようです。今度は右足ということです。手術して暫く松葉杖になると思うので秋になったら医者に行くつもり。相変わらず怪我や手術が多い人生だと諦めていますが、こういう時はさっさと開き直ることが大事です。慣れたものです。

なので引きこもっている、っていうわけではありません。自分にとって大事なものが揃っているところに住んでいるので、山に行きたい気持ちを近所で紛らわしています。
ほぼ毎週行っている寺や植物公園。植物公園は2500円で年間パスポートを買えば1年間出入り自由。5回行けば元取れます。自分の庭と言ってもいいくらい。元とりすぎです。

昨日は会社の人と呑んで午前中は身動きとれなかったので、夕方気分転換にふらっと近所を散歩した。

e0136962_20533662.jpg

e0136962_20534724.jpg

e0136962_20535718.jpg

e0136962_2054859.jpg

e0136962_20541974.jpg

e0136962_20543199.jpg

e0136962_20543950.jpg


深夜仕事帰りに道端で捕まえたりすることがたまにありますが(こちら)、一本の木にこうもたくさんいるとびっくりします。

この歳になっても、カブトムシをみると興奮するね。
[PR]
by sugi_si | 2011-08-06 21:04 | 歩らり
e0136962_23491914.jpg

[PR]
by sugi_si | 2011-08-02 23:49 | ART