<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0136962_19162114.jpg

フェスティバル/トーキョー2010 「SKINNERSー揮発するものへ捧げる」
演出・振付・美術・照明:勅使川原三郎
日時:2010年11月27日(土) 19:00〜, 11月28日(日) 16:00〜
会場:東京芸術劇場中ホール

 ダンサーは勅使川原三郎・佐東利穂子・他男1女2。ピアノ音楽がメインで舞台装置は布とブラックライトと椅子のみ。
 今回は物足りない印象でした。構成もパっとしないし演出も「?」ッて感じだし、音楽といえばひたすらピアノでメリハリないし大好きなノイズは最後にちょこっと。ってなると興味は勅使川原三郎と佐東利穂子の動きのみで他のダンサーは見るに値しない。ちょっと辛口かな。スキルの差は歴然なので仕方が無いでしょう。
 佐東利穂子は見るたびに魅力が増していると思う。動きのキレと安定感は体の筋肉を見れば頷ける。Bunkamuraオペラ劇場トゥーランドットの時の繊細なボディラインはどこへ・・・。でもしなやかで力強い動きは急速に彼女の個性を確実のものにしている。ソロがまた見たい。
 勅使川原三郎はついては、体がついてこれなくなっている感があったが、今回の公演を観て動きがうまくまとまってきていると思った。スキルがうまくカバーしているようだ。まだまだ目を見張るものがある。

東京芸術劇場
e0136962_1943333.jpg

e0136962_19432712.jpg

終了後
e0136962_19434787.jpg

[PR]
by sugi_si | 2010-11-28 19:44 | ART
嫁さんがすっかり飛行機にハマってしまい、またもやお供となりました。

e0136962_17551458.jpg

e0136962_17552635.jpg

e0136962_1755408.jpg

e0136962_17555283.jpg

e0136962_1756295.jpg


猫だなんだと写真を撮りつつフラフラと・・・。

e0136962_1757159.jpg

e0136962_17571195.jpg


着陸する側に待機して頭上を降下する飛行機をみたいわけだが・・・。
滑走路脇のライトが点滅している(こんな感じに・・・)とそれに向かって降りてくるらしいので、点滅してなければ反対側だろうから1.3km先の反対側へ向う。もちろん反対側は点滅していましたよ。と、思ったら来た方から下りてきました。
e0136962_1833047.jpg

今日はあっちからかとまた来た方へ小走りで戻り始めたら背後から小さいのが着陸してきちゃって、遠くの方に滑走路と平行に次の飛行機が飛んできたのでまたもや踵を返したら、飛行機は速いッス。あっという間に着陸態勢に入ってしまいました。
e0136962_1864047.jpg

e0136962_1865147.jpg

着陸方向はその都度違うらしいので今度は一方で待機するそうです。そりゃ飛行機と1.3kmを競争しよぉっつったって無理ですわ。今日のところはシブシブ帰りましたとさ。

夕陽にうっすら富士山
e0136962_1812011.jpg

[PR]
by sugi_si | 2010-11-14 18:17 | 歩らり
 陽の長い時期は山から昼過ぎに帰ってきて近所の広場へテントを干しに行くのだが、陽が短いとなかなか帰宅した日に全てを片付けられないので次の休みに持ち越してしまう。今回は嫁さんのご好意により寝袋と靴は干していただけたので、残るはjetboilやダウンパンツやらテントで翌週末ともなると部屋の隅っこに追いやられている。埃を被る寸前だ。もちろん文句は言えませんよ。さて、ダウンパンツは食い物をこぼしたり諸々シミの原因となるものが付着するので丹念に拭き取ります。jetboilは嫁さんの動向を見ながら台所が空いた隙にチャチャッと何事も無かったかのように済ませます(焦)。靴は嫁さんが風呂場を掃除しないうちにササッと泥を落とします(焦×2)。テントは近所の広場に干しに行きましょう。silitarp2とODBOXのFOXTAILを持って、あとはtyveksheet・RIDGEREST・読み途中の雑誌・Platypus 2.5Lの水+バケツと雑巾・・・など持って

e0136962_1353441.jpg

e0136962_1354731.jpg

e0136962_1355792.jpg

e0136962_1361488.jpg


 曇りがちですが暖かいし陽も少し出てきたので充分でしょう。いくら寒くなってきたとはいえ坊主頭に直射日光はこたえます。手持ちのシルタープは8'×10'なので大きいですが、もうちょっと小さめのものとポール1本・ペグ4本・ガイドぐらいなら差ほど邪魔にもならずに持ち運べるから、これからの寒い時期のハイキングで休憩時に風除けなどにもなって良いのではないかと・・・。山に限らず、大きい公園や河原などでも重宝するのでは。雪降った時に雪見にもいいかも・・・。今日なんかも電線などが視界に入らないように張れば結構いい感じに街でも過せたよ。
[PR]
by sugi_si | 2010-11-13 13:24 | 雑記
 目的地はいくつか有った。
 10月に山を予定していたが行く気にはなれず、頭からこの地が離れないことに気付き、とうとう行かずにはいられなくなった。

 紅葉も終盤。初雪もあることだろう。
 この地の冬は未経験。11/6は快晴。放射冷却で冷え込むだろうか。11/7は多少雲が出るから11/6の夜は冷え込まないかも。奥多摩無積雪冬装備(軽アイゼン持参・設定-10℃)で臨む。

 11/6はすっきり青空。日が当たると汗ばむ。
Top:
 mont-bell ジオライン 3Dサーマル ロングフリーブ ジップシャツ (ジッパー全開)
 mont-bell ジオライン L.W.ラウンドネックシャツ
Bottom:
 mont-bell スーパーメリノウール M.W タイツ
 finetrack ストームゴージュ アルパインパンツ (ベンチレーター全開)

 気が急くが、意識して歩を抑えて汗を極力かかないようにする。

e0136962_452367.jpg

e0136962_455782.jpg

e0136962_46595.jpg

e0136962_46154.jpg

 やはり紅葉も終盤だ。カラマツの落葉が積もったフカフカ道、伐採して明るくなった今正に葉が降り続くカラマツの樹林帯を進む。

 こまどり沢から急激に気温の低下を感じる。ここからの目的地までの30分は、霜柱と凍りついた土となっていた。
 狭い小径を抜けると目的地。
e0136962_47135.jpg


 日差しは暖かいが空気は冷たい。15時過ぎで気温5℃。
e0136962_484145.jpg


 テン場はこんな感じ。左の小さい黄色がSUGISI。
 mont-bell ステラリッジ(1)。
e0136962_4101621.jpg

 土は凍っているので、ペグを石で叩いて半分打ち込む。周りの石は凍り付いているが難なく剥がせる。風がほとんど無いのでテントの四隅はペグで浅めに。張り綱は大き目の石で固定。

 風が全くと言ってよいほど無いので、テント全開で夕飯。日が沈んで冷え込まない内に済ませる。
e0136962_4114251.jpg


 17時すぎには眠ってしまった。17時すぎの気温0℃。
Floor : 下から
 mont-bell ステラリッジ(1)グランドシート
 mont-bell ステラリッジ(1)
 mont-bell U.L.コンフォートシステムパッド 150 
 Therm-a-Rest RIDGEREST
 Heatsheets Blanket Adventure Medical Kit 1/2 CUT
Sleeping Bag :
 SHMW Sky High Bag 550 / SPDX860FP / Black/Red / Regular
Top :
 mont-bell ジオライン 3Dサーマル ロングフリーブ ジップシャツ
 mont-bell ジオライン EXP.ラウンドネックシャツ
 mont-bell ライトアルパインダウンジャケット (ジッパー全開)
Bottom:
 finetrack フラッドラッシュ スキンメッシュ ボクサーショーツ
 mont-bell スーパーメリノウール M.W タイツ
 finetrack ストームゴージュ アルパインパンツ
 SHMW Sky High Down Pants 50

 寝袋内は暑かったが汗をかかない程度。
 2時前、風の音で目覚める。室内は呼気で結露し凍結する。
 再び眠る。
 5時前起床。ほぼ解消されている。外気温3.5℃。
 静かで温かい朝、風も多少弱まりテント全開で夜明けを見ながら朝飯。

 食後は少しフラフラと。
 池の凍結部分が増してる。夜半は冷え込んだのだろう。
e0136962_4131974.jpg

e0136962_4133087.jpg


 8時下山開始。気温4℃。
 一泊二日だとあっという間だが、やっとこの地も馴染んできた実感がでてきた。のんびり時間をかけて、紅葉と雰囲気を楽しみながら下山することにする。
e0136962_414723.jpg

e0136962_4141813.jpg

e0136962_4142893.jpg


 天候に恵まれストレスも無く、就寝環境は充分すぎた感じがあったが全く寒さを感じなかったので寒がりな自分にとってはこのぐらいが丁度いいだろう。
 小屋の女将さんに聞いたら、今は本格的な雪もいつになるか分からないという。でもクリスマス頃には雪だろうとのこと。天候の異常で例年通りとはなかなか言い切れないようだ。
 来年は連泊で来られる日を調整してみようかと思う。

 いつまでも変わらぬ地であってほしい。

 
 もっと画像を見たい方はこちらへどうぞ → SUGISIの軌跡



 
[PR]
by sugi_si | 2010-11-08 04:22 | 足跡