<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0136962_18373470.jpg

久しぶりのカテゴリー「巨樹・巨木」のアップ。
もっと頻繁にアップしたいのだけれど、
徐々に先立つものが云々という現実的な問題に直面するわけで・・・。

初対面の巨樹と面と向うと興奮してくる。
こんな気持ちを久しぶりに味わえてなんか嬉しッス。

More・・・ 巨樹はいつ見てもうまそう(涎)。今回のご馳走はこちら
[PR]
e0136962_14362576.jpg

いよいよ。期待大!!

とうとう見ました。

More・・・ こんな感じ久しぶりだね。すばらしい。
[PR]
by sugi_si | 2009-11-29 14:36 | ART
e0136962_7562165.jpg

[PR]
by sugi_si | 2009-11-28 07:56 | 雑記
e0136962_7292241.jpg

活気のないご時世、帰宅する頃には日付が変わっているというのはうれしいことなのかどうか?
どっかの企業みたいに6時以降残業禁止というわけにはいかず、仕事の山は減っても自宅の机の上のプライベートの記憶の残骸は積もるばかり。
来週のお山の計画も立てられず、今日もお仕事です。
〇〇暇なしとはこのことですなぁ〜。
[PR]
by sugi_si | 2009-11-28 07:29 | 雑記
e0136962_11384771.jpg

[PR]
by sugi_si | 2009-11-23 11:38 | 雑記
e0136962_11314548.jpg

[PR]
by sugi_si | 2009-11-21 11:31 | 雑記
e0136962_1032272.jpg

[PR]
by sugi_si | 2009-11-21 10:03 | 雑記
e0136962_845038.jpg

前のロゴ入りのチョコ箱、取っておけばよかった。
[PR]
by sugi_si | 2009-11-21 08:04 | 雑記
e0136962_1824115.jpg


 お山に行かない日は近所をランニング。どうせ走るならお山でと何度も思うのだが、何せ歩くだけで目が疲れて足元が覚束無くなったりするものだから走るなんてもってのほか。2009.05.31に少しrunを試みたが自分向きでは無さそうだし、おまけに初購入のトレランシューズのmontrail HARDROCK MID 09 GTXは不良品だし(のちに購入したショップで返品返金してもらった。店員によるとメーカーに在庫全部返品したそうだ。全部不良品だったらしい。)、まぁいいこと全くないので走るなら近所にします。
 近所を走るにしたってランニングはそれ程好きなことではないので一時間も走ると飽きてしまう。もっと走りこまないといけないのだけど・・・。
 なので気分を変えて携帯で写真を撮りながら走る事にしてみた。

More・・・ runの最中に写真を撮るのは集中力UPにいいかも。続きはこちらをクリック。
[PR]
by sugi_si | 2009-11-15 19:01 | RUN
e0136962_0571373.jpg

 冬が近づき空気も澄んできたので、幻想的な月の出と清々しい朝日を見たくなり奥多摩へ向った。
 この土日は行楽日和ということで申し分ない天気かと思っていたが、石尾根に取り付く間際に灰色の雲が現れ目標の峰を覆ってしまった。濃いガスが勢いよく峰を越えていくので直に晴れるかと思いきやその勢いはとまらずガスに覆われたまま。その中にツェルトを張るのは躊躇われる。今回は諦め鷹ノ巣山避難小屋に今晩の宿を設けることにした。
 
 もはや晴天の様子はなく3時前というのに薄暗い誰も居ない地にツェルトを設置する。鷹ノ巣山の山頂もガスに覆われ徐々に辺りもガスで満たされてきた。月の出は諦めざるを得ないな。夜に転ずる頃には数人が避難小屋へ、テントは若者二人組みがソロで2張り。行楽シーズンとしては寂しい感じ。でも雲取山荘や奥多摩小屋の宴会テント地よりは断然いい。
 
 明日の日の出に期待して6時前に眠りに着いた。

 2時間おきぐらいに目覚めを繰り返し夜半11時半ごろ目が覚めるとテントの中が明るい。顔を出して空を見上げるとガスは晴れ月が輝いていた。
e0136962_102144.jpg

e0136962_104767.jpg

 上はmont-bellのライトアルパインダウンジャケット、下はSHMWのSkyHighDownPants50を履き外に出る。外気温は0℃。寒さは感じない。月明かりでとても明るい。星はメチャきれい。やっぱり山はいいなぁ。

 再び寝袋に潜り込みいつの間にか熟睡してしまった。日の出は日陰名栗峰で見ようと腕時計のアラームをセットしておいたが、気持ちよく寝てしまいアラームに気づかず1時間寝坊してしまった。日の出と帰りのバスの時間を考えると食事と撤収に時間はかけられないので、日清CUP NOODLEのリフィルとMUJIのキムチスープでサッサと済ませる。今回のCOOKERは450mlCUPに固形燃料。450mlCUPにリフィルは無理かと思ったが、空ける前に軽く握りつぶし徐々に入れてみたが全く問題なし。ただ量が少ないのであまり食べた気がしないのが残念だが、すぐに出来上がるのでGOOD。ツェルトは夜露と結露でビッショリ。朝方の外気温は-2℃まで下がったが、凍りつかずまた風も弱いので撤収は手間どらなかった。

 AM 05:55スタート。もう明るくなり始めている。日陰名栗峰まで30分の急登。到達するのが早いか日の出が早いか。ペースを上げる。背後に逆光で黒い鷹ノ巣山。空はオレンジ色。このコントラストがまたいい。
e0136962_135090.jpg

 AM 06:18 (画像は6:22)日の出。何とか間に合った。今日は幕営している人はいない。完全に独り占めの夜明け。美しい。

 西の高い空に月(画像上の白い点が月)。
e0136962_14366.jpg

e0136962_144597.jpg

 
 遠くのほうはガスって海は見えなかったが、雪を被った富士山と周りの山並みが整然ときれい。
e0136962_16365.jpg

e0136962_162077.jpg
 
 朝日をバックに金色の石尾根を鴨沢バス停に向って昨日来た道を行く。風も弱く気温も冷え込みが弱いので暖かく気持ちがいい。朝日に包まれているかんじ。
 
 
e0136962_172550.jpg
 
 石尾根をくだって堂所の七ッ石小屋寄りの空き地で軽食を取り今朝の光景を回想しながらまったりとする。袈裟懸けしているのはmont-bellのPocketable Light Pouch。丁度腰の上ぐらいに来るように調整しておくと使い勝手がいい。500mlのペットボトルや菓子パン・スナック・浄水剤・リップ・ティッシュ・メモ帳・手袋などなど結構入って重宝する。中身を入れ替えればPACKを背負ったまま交通機関や街中を移動するのにもスムーズ。

 バスの時間に合わせて休憩を取りながらのんびりと下山する。バス停に到着したのは入山して丁度24時間。下山してしまえばあっという間のHIKEだ。ちょっとさみしい。

 帰宅しいつもの場所で乾燥and手入れ。
e0136962_191493.jpg

今回も無事に下山し、充実したHIKEだった。

詳しい歩程はこちら → SUGISI の軌跡
[PR]
by sugi_si | 2009-11-10 01:13 | 足跡