<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0136962_724644.jpg
 
 気になっていた奥多摩の奥深い方。GWはこちら方面に足を伸ばし、下山の際はここを経由してこようと思い下見がてら1day hike。
 風は強いがそのせいで綺麗な青空に新緑が映える。

詳しい歩程はこちら → SUGISI の軌跡

More ・・・ 静かな奥多摩独り占め。こんなところでした。
[PR]
by sugi_si | 2009-04-29 07:12 | 足跡
「ESPRIT ~ローラン・プティの世界~」
Bunkamura ORCHARD HALL
開場 18:30 開演 19:00

 全ての関わりにけりをつけ18:30に到着。
 
 Pink Floydに引っかかりPink Floydのバレエがあるのか。あっ草刈民代なんだ。NHKホールで行われた直後に公演があったのを知り次はいつかと待ちに待った翌年、東京国際フォーラムでの公演を見に行った。最初はローラン・プティの振り付けをライブで見ることが目的だったのだが、草刈民代の姿に釘付けになってしまった。
 それからです。
 彼女のドキュメンタリー、トーク番組を見るうちにブレない姿に引かれていった。

 FINAL。とうとうこの日が来た。

 2階席6列目29・30番
 肉眼では表情が見えない。持参した双眼鏡で彼女の姿を目に焼き付ける。
 体のみ。バレエはごまかしがきかないのだなぁ。
 積み重ねた努力に裏付けられた説得力のある演技。
 踊れるということは並大抵の事ではないと深く思う。
 説得力があると自分が見たことや感じたことを信じられるように思う。
 私が今見たことそして感じたことは本物なんだ、自分の中に確実にあるものなんだと・・・。

 そしてFINAL。
 何度も何度も緞帳が上がっては下り上がっては下りる。
 魅せるとはこういうことなんだ。
 魅せられるとはこういうことなんだ。
 彼女の足が緞帳に消え、再び緞帳があがることはなかった。

 彼女が流した涙で私の心もやさしく幕を閉じる事ができた。
 ありがとう。

e0136962_20373685.jpg

[PR]
by sugi_si | 2009-04-25 20:42 | ART
e0136962_18332029.jpg

[PR]
by sugi_si | 2009-04-24 18:33 | ART
e0136962_23113661.jpg

 やはり散っていた。
 満開を狙って毎年訪れていたが、今年は今日も変わらす居てくれたことへの嬉しさが強かった。
 日々変化し新しいものを生み出すことへの一種の崇拝のような傾向には飽きてきた。 それよりも、それに伴い失ってきたことへの後悔と焦りに気が気でなくなり、遺す事の重要さと難しさに本来あるべき姿の未来図いや原点を見る。
e0136962_23122056.jpg

 数輪見られた。ソメイヨシノほど花付きはよくない。堂々たる姿の割には控えめな咲き具合はとても愛らしく数百年生きてきた存在の大きさを物語る。
e0136962_23132597.jpg

 圧倒的な存在感。
e0136962_23141073.jpg

e0136962_23142479.jpg

 風はややひんやりとして体を撫でる程度で心地いい。
 ヤマザクラの巨木の前で、蝶が舞い鳥がさえずり春の花に囲まれた中、ゆったりとしたひと時を過す。

Jetboil
Couscous
Curry soup FreezeDry
chai
tyvek
Therm-a-rest Ridgerest 300mm

e0136962_23154511.jpg

わが身を散らし新たな芽吹きに力を託す。


e0136962_23161745.jpg

e0136962_2316381.jpg

 川伝いに広徳寺へ場所を移す。
e0136962_23171554.jpg

e0136962_23173022.jpg

 洗練されたSPOT。
 辺りにはお香の香りが漂う。
 静かな時の流れ。
 桜は盛りを過ぎて葉をつける。
 夏の暑い日差しに耐え力を蓄える。
 そしてまた来年花を咲かせ楽しませてくれるのでしょう。

 そのままあり続けること、遺していくことは記憶と繋がりを残すこと。

More ・・・ 記憶の断片はこちらから
[PR]
e0136962_1934615.jpg
長沢谷下降点下。PHOTO-SUGISI 2009.04.11.PM0:23


1泊で雲取山荘テン場を目指す。
奥多摩駅~(バス)~東日原~(日原林道)~(大ダワ林道)~雲取山荘テン場。
大ダワ林道で崩れがあるが人は通れると前情報を得ていたが・・・。

More ・・・現況はこちらからどうぞ。
[PR]
by sugi_si | 2009-04-11 20:15 | 足跡
 2009.04.04。 mont-bellフレンドフェアに足を運び何かお安いものはないかなぁと物色。前回はなかなか品揃いが良かったので今回は期待していたのだが、見るからに在庫処分的な感じでテンション上がらず。まぁそもそも期待するような事でもなかったのかぁとローテンンション。鳥取大山ブースに寄って去年鳥取行ったなぁと懐かしみ、抽選でトマトジュースもらい(大嫌いなのに…)、一点バーサライトバック20・シルバー(¥6000→¥5250)を購入しさっさと後にいたしました。
e0136962_1921170.jpg

 
 今回の会場の池袋は馴染みのないところで、人が多いけど暗いところだなぁと思っていたがやはり空気の重いところ。気が向かないところだなぁ。早いところ家に帰ろうと駅地下に入る手前で目に入ったのが「宮城ふるさとプラザ」。頻繁に足を運ぶわけではないけど都心にある地方のアンテナショップに密かにハマってます。
 早速おじゃま。
 ほや・ささかま・麩・牛タン・・・。ふむふむ・・・。この物色している時が面白い。いろいろあるもんだ。
 ほやの塩辛おいしいねぇ。
e0136962_19142964.jpg

 「白石温麺」。茹で時間3分。300g(100g/束×3)。H=90mm 太さ=40mm。 そういえば三鷹のお店の店主のblogで紹介されていたな。同じものではないけど。他にも蕎麦・茶・たまごなどをそれぞれ練りこんだものが有ったけど、ドライフードやレトルトと混ぜてはと思いまっさらのもので各々袋詰めされているものを購入。来週にでもお山で試してみよう。
 隣は魚介類乾製品「あッほやねん」。当地の駅とかでつまみとして売られているとかいないとか・・・。開けてみると、
e0136962_19404670.jpg

楊枝とおてふきが入ってる。宮城の帰宅するサラリーマンの胸ポケットにいつもこれ?味はウニに似てる。食感はジトーとしたスルメ。結構いけますよ。これは山にはいらないな。風味がお口に残るのでhikingにはちょっと合わないかな。
 白石温麺は結構重宝するかも、マルタイラーメンは長いし。山でご当地ものっていうのも飽きがこなくていいかも。
[PR]
by sugi_si | 2009-04-04 19:59 | 雑記