梅ケ瀬渓谷 千葉県市原市

コースの様子はこちらから → SUGISIのホームページ
08/06/15
 梅ケ瀬渓谷は養老川の支流で、小湊鉄道養老渓谷駅の南西に位置し、大福山・日高邸跡を巡るハイキングコースの一部だ。
e0136962_10114072.jpg

 ここを訪れたのは、私がもっている図鑑に市原市で撮影されたモリアオガエルの写真が掲載されていて、生息場所を検索すると梅ケ瀬渓谷がよくHITするのと、千葉の自然に興味が沸いてきたので足を踏み入れるきっかけが欲しかったという点でだ。
 房総は地形を見ると行き止まりの県の様だ。そのせいか、発展する事が何でもいいことだとは思わないが、ここ30年弱の間JR線付近と主要幹線道路の以外は差ほど景色の変化は無く、手を入れられていない自然の状態が残されていると思われる。

 手始めに今回は家族と訪れてみた。入念な準備をしていなかったので二時間程度のハイキングで終わりにしたが、結構収穫はあった。
・アップダウンの少ない渓流沿いの遊歩道。
・歩く道を作った程度の整備なのでかなり自然の状態に近い。
・渓流沿いは吹き抜けのようになっていてとても明るく景観がよい。
・切り立った壁が続いていて、そこから染み出ている地下水が冬にどのように変わるか見ものだ。紅葉もかなり期待できそうだ。
 ただネックになっているのは交通手段だろうか。
 電車賃が高いのと電車の本数が少ない事。基本的に房総は車がないと生活しづらいと思う。その点広い駐車場が割りと点在する。地形が一番の要因だろうが、ちょっと行きづらい感は否めない。

 結果的に良い収穫のほうが多かったと思う。梅ケ瀬渓谷自体は好感触。時期を変えて幾度か訪れてみたい。

e0136962_1012265.jpg

[PR]
by sugi_si | 2008-06-17 06:20 | 足跡